これって更年期?セルフチェックの方法

この症状が見られたら更年期、という明確な基準がなく、対策が遅れがちになってしまうことも

更年期は閉経の前後10年間ほどの期間を言います。日本人の平均的な閉経年齢は50歳前後となっていますから、一般的には45歳〜55歳までが更年期ということになります。

 

ただこれはあくまで目安、いつから更年期がはじまるのについては個人差がありますし、症状もひとりひとり違いが見られます。

 

しかも「この症状が見られたら更年期のはじまり」といった明確な基準があるわけでもありません。そのため自分で更年期がきたのか見極めるのが難しく、対策が後手後手にまわってしまうケースも見られます。

 

厄介なのは初期に見られる更年期の症状は判断するのが難しいものが多い点です。たとえば頭痛や肩こり、腰痛は40代半ばの女性なら決して珍しくありませんから、症状が見られても「疲れがたまっている」「だいぶ体が衰えてきたな」などと片付けてしまうことも多いのです。

 

また月経不順や不正出血といった症状もすぐに更年期に結びつけて考えないことが多いものです。そのため、ひとつの症状だけで判断するのではなく、心身に見られるさまざまな症状をチェックしたうえで総合的に判断していく姿勢が求められます。

 

肩こりだけでは判断が難しくてもそこに月経不順や発汗などの症状が重なれば更年期の可能性が高くなるというわけです。

心身の状態や、症状があらわれるシチュエーション、感情の変化などセルフチェックで確認していきたい

セルフチェックでこうしたさまざまな症状や前兆を確認していくこともできます。先ほど挙げた頭痛や肩こり、腰痛の場合には耳鳴りやめまいが伴っていないかどうかを見てみましょう。

 

また肩や頭が重い、疲れやすくて体がだるい症状も加わることもあります。

 

それから発汗が増えた場合にはシチュエーションにも目を向けましょう。とくに暑いわけではないのに急に汗がでてきた、またはちょっと体を動かしただけなのに汗と動機、息切れがした場合には要注意です。

 

精神面の変調も見逃さないようにしましょう。これまでは目くじらを立てるようなものでもなかったことにイライラしたり、感情を高ぶらせてしまう、逆にこれまで楽しかったこと、感動したことと接しても何も感じなくなってしまう。

 

感情が不安定になっている場合には更年期の影響による自律神経の不安定が潜んでいる可能性が大です。

 

ほかには体が冷えやすい、疲れやすくなる、肌の調子が悪い、抜け毛が増えたなども急に見られるようになった場合には更年期の影響による可能性があります。

 

こうした症状をいろいろとセルフチェックで確認しながら更年期の可能性がどれだけあるか、どんな対策が必要なのかを見極めていきましょう。

朝起きれない…更年期のだるさ・慢性疲労に使いたいサプリ

だるさや倦怠感を放置するとうつに進行する?

更年期に見られるだるさや倦怠感を放置すると精神状態を悪化させ深刻なうつ症状へと進展してしまう恐れも

更年期に見られるだるさや倦怠感は自律神経の乱れがおもな原因です。

 

卵巣機能の低下にともないエストロゲンの分泌量が減少していくと自律神経のバランスが狂いやすくなり、精神状態にも影響が見られるようになるのです。

 

これは閉経が近づく更年期に起こる体のメカニズムの変化がもたらすものなのである程度避けられない部分もあるのですが、それを放置しておくと精神状態を悪化させ、深刻なうつ症状へと進展してしまう恐れもあります。

 

はじめはなんとなくだるい、やる気が出ない程度だったのですが、自律神経の乱れが続くとそれが倦怠感や無気力、虚無感といったより重い症状へと進行していきます。

 

その結果何をしても楽しくない、何もする気にならない状態に陥り、ストレスの蓄積や生きる気力の低下、さらに人と接する機会が失われて孤立化するといった問題の原因となっていくのです。

 

これまで楽しい思いを味わえた趣味や娯楽と接しても楽しめない、人と会うのが気乗りしない、これまで生きがいやメリハリをもたらしていた環境が失われていくことで「いったい何のために生きてるんだろう」と虚しさを覚えるようになり、そこに頭痛や腰痛、ホットフラッシュ、月経不順、さらには老化による体力の衰えなどが加わることで生きていることそのものにうんざりするようになってしまうこともあります。

だるさや倦怠感を感じるようになったら、できるだけ早く気力があるうちに適切な対策を

人と会う機会が少なくなれば社会との接点も失われ、孤立していくことでますます生きがいを失ってしまう、そんな悪循環に陥ってしまうと更年期うつと呼ばれる状態にまで発展してしまう恐れもあるのです。

 

厄介なのはこれといった対策が思うようにできずズルズルとだるさや倦怠感を引きずり続けた結果うつまで悪化してしまうケースが多いことです。

 

そもそもどうやって改善すればよいのかわからず、また倦怠感や無気力に支配されている状況で積極的な対策を行うのは難しいものです。このように更年期には深刻な精神のトラブルを抱えてしまう落とし穴も潜んでいるのです。

 

ですからだるさや倦怠感を感じるようになったらできるだけ早く、気力があるうちに、孤立する前に適切な対策を行うことが大事です。

 

まずはエストロゲンの減少を補う基本的な更年期対策を行ったうえで自律神経のバランスを整える対策を心がけましょう。食生活や睡眠環境の改善、運動など生活環境の中で自律神経を整えていくとりくみが大事です。

 

また孤立しないよう社会との接点を意識して保ち続けましょう。外出する機会や友人とあって楽しい時間を過ごす機会を作る。これらは症状が進んでしまうと難しくなってしまうので早い段階から行っていくことが求められます。

家族や周囲に更年期の辛さを分かってもらうには?

更年期で注意したいのは対人関係の問題などで孤立してしまわないようにすること。

更年期の際に注意しなければならないのは孤立してしまうわないようにすることです。

 

ひとりで悩みを抱え、ストレスを蓄積させていくと思うようにどんな対策を行っても十分な効果が得られないどころか、精神状態に悪影響を及ぼして更年期うつなどの問題を抱えてしまう恐れもあります。

 

対人関係を維持し、社会との接点を保ち続けて孤立するのを防ぐ。更年期対策では具体的な対策方法だけでなくこうした生活環境づくりも大事になってきます。

 

また、更年期の症状によっては対人関係の問題を抱えてしまう可能性もあります。

 

たとえば自律神経の乱れによる情緒不安定はちょっとしたことにイライラしたり、声を荒げてしまうなどトラブルの原因を引き起こすリスクがあります。

 

また前触れもなく突然起こるホットフラッシュは外出や人と会うのをためらわせてしまうものです。一度トラブルを抱えたり、人と会うのを避けるようになってしまうとそのままズルズルと孤立した環境に陥ってしまうことになりかねません。

家族や周囲の人と言った、日々の生活の中でかかわる機会が多い人たちへ理解と協力を求めることも大事

ですから更年期になったら家族や周囲の人間にそのことを告げて理解と協力を求めましょう。家族、友人といった親しい人はもちろん、職場や近所の人たちなど日々の生活の中でかかわる機会が多い人たちにも告げておくことが大事です。

 

まず症状を正直に告げること、その上で迷惑をかけることをあらかじめ詫びておきましょう。

 

とくに情緒不安定は対人関係のトラブルになりやすいため、落ち着いているときに冷静にこうした症状があることを伝えておくことが求められます。

 

トラブルになった後に「情緒不安定でイライラしやすいから仕方がないの」と弁解しても相手には言い訳にしか聞こえず納得してくれない可能性もあるので情緒不安定な振る舞いを見せてしまう前に告げておきましょう。

 

それからあまり被害者意識を感じさせるような伝え方にならないよう注意が必要です。「わたしは更年期の症状でこんな辛い思いをしてるんだから周りは理解してくれなきゃ」といわんばかりの言い方をすると相手に本当の辛さを理解してもらえず、一方通行になってしまう恐れがあります。

 

あくまでこちらが迷惑をかけてしまう立場として伝えることが大事です。

 

あとはいい意味で適度な接し方をしてくれるよう伝えましょう。こちらがイライラしたり声を荒げてしまったときにあまり本気で受け止めないこと、ムキにならず適度にスルーしてくれるくらいの心構えで接してもらうのが一番です。

 

そしてスルーしてほしくないとき、誰かに話を聞いてもらったり、一緒にいてほしいと思ったときにはそのことをしっかりと言う。こうしたメリハリのある関係を目指していきたいところです。

食事や栄養摂取でだるさや倦怠感は改善する?

更年期対策でもっともポピュラーな成分エストロゲンは豆腐や味噌といった食事からも摂取が可能

更年期に見られるだるさや倦怠感は更年期対策そのものを行ううえで大きな障害になりますし、放置しておくとストレスや虚無感、人生に対する絶望感をもたらす恐れもあるのでできるだけ早い段階で改善していくことが大事です。

 

ただ何しろだるくて何に対してもやる気が出ない状況ですから、対策を行うにもできるだけ簡単で気力や体力を必要としない方法が望まれます。となると食事や栄養摂取は非常に魅力的な選択肢といえるでしょう。

 

ではだるさや倦怠感を改善していくのに役立つ食事や成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず筆頭に上げられるのはやはりエストロゲンと似た働きを持つ成分です。そもそも倦怠感やだるさはエストロゲンの減少によって自律神経に乱れが生じてしまうのが根本の原因です。

 

ですからそれを補う成分をうまく取り入れていくことによって根本の段階で改善を行っていくことができます。大豆イソフラボンが有名ですが、ほかにもザクロエキスやレッドクローバーなどもお勧めです。

 

大豆イソフラボンの場合はサプリメントだけでなく豆腐や豆乳、味噌といった大豆が含まれている成分でも摂取が可能です。

大豆イソフラボンは腸内でエクオールという物質に変換されることが大事、サプリなどの摂取も検討したい

また大豆イソフラボンに関しては近年になってエクオールの存在に注目が集まるようになりました。

 

摂取した大豆イソフラボンは腸内でエクオールという成分に変化することでエストロゲンと似た働きを発揮するのですが、この腸内でのエクオールへの変換は日本人の2人に1人しかできないといわれているのです。

 

そのため大豆イソフラボンを摂取しても改善効果があまり得られない場合にはエクオールが配合されたサプリメントで直接この成分を摂取してみましょう。

 

それから自律神経を整えるのに役立つ食事もお勧めです。調理に手間をかける気力もわかないという方も多いでしょうから、簡単に作れて食べられるものがお勧めです。

 

代表的なところでは発酵食品、先ほど挙げた味噌をはじめ納豆、漬物、キムチ、さらにヨーグルトなどを積極的に摂取していきましょう。

 

ビタミンB群もぜひとも摂取したい成分です。だるさや倦怠感は疲労感と深く結びついているため、疲労回復やエネルギーの生成に深くかかわっているビタミンB群の摂取の改善が期待できます。

 

とくにビタミンB1、B6、B12を積極的に摂取してみましょう。食事よりもマルチビタミンなどのサプリメントでの摂取が手軽でおすすめです。あとはよく噛んで食べると自律神経が安定するといわれているので食べ方も意識してみるとよいでしょう。

朝起きれない…更年期のだるさ・慢性疲労に使いたいサプリ