不正出血とはどのような状態を指すの?

ホルモンバランスの乱れによって生じる不正出血は若い人にも起こりやすい

月経の際には出血がともなうものですが、本来あるべき形ではなく出血を起こすケースもあります。

 

そうした月経のメカニズムからはみ出した出血を不正出血と呼んでいます。そしてこのメカニズムからはみ出した出血にはいくつかのパターンがあるため、不正出血とはそれらを広く含めた総称となります。

 

ですから不正出血と疑われる出血があった場合でもその原因が人によって異なることも多く、対策方法も異なってきます。

 

数ある不正出血の中でももっとも多いのが機能性出血と呼ばれるホルモンバランスの乱れによって生じるタイプです。

 

卵巣機能の低下とエストロゲンの減少が起こる更年期の症状でもありますが、近年では若い世代でも機能性出血が増えています。ストレスの蓄積、偏った栄養バランスの食事、ダイエット目的の無理な食事制限といった生活習慣が原因でホルモンバランスが乱れることで起こるからです。

 

具体的には出血が長い間続く無排卵月経、月経の前に出血が起こる黄体機能不全などの症状が挙げられます。

注意したいのは病気が原因で起こる出血。子宮がんや子宮筋腫などが考えられる場合も

それから排卵期、つまり月経と月経の間に出血が起こる中間期出血というタイプもあります。

 

これは排卵期に入って卵胞ホルモンの分泌が低下することによって起こるもので、不正出血ではあるものの、月経に伴う体のメカニズムの範囲内で起こる出血です。

 

ですから出血は一時的なもので病気や体の異常などがかかわっていないのでそれほど心配する必要はありませんが、体質的な面もあるだけに繰り返すことが多く、気になる場合には一度医療機関で診察を受けてみるとよいかもしれません。

 

注意したいのは病気が原因で起こる不正出血です。ホルモンバランスの乱れが原因で出血を起こしていると思い込んでいると思わぬ病気が進行してしまっている可能性もあります。

 

不正出血を起こす代表的な病気では子宮に起こる子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜炎などがまず挙げられます。

 

また更年期になると膣内の衛生状態が低下しやすくなる影響で萎縮性膣炎と呼ばれる炎症が起こりやすくなり、それが不正出血の原因となることもあります。これら病気によって起こる出血を器質性出血と呼んでいます。

 

このように不正出血とひと口にいっても原因によってさまざまな種類や症状が見られます。病気が原因の場合は放置しておくと深刻な状況になってしまうものもありますし、ホルモンバランスも乱れをそのままにしておくと不妊の原因になってしまう可能性もあります。

 

不正出血が見られた場合にはまずどんな状況で起こっているのか、どうすれば改善できるのかをよく見極めてみましょう。

朝起きれない…更年期のだるさ・慢性疲労に使いたいサプリ